FC2ブログ

今年も花と緑と虫と…。







ほとんど手入れしてないんですが、やっぱり植物があると心が和みます。
流通名ノースポールという品種(キク科)です。
DSC_298102.png

ピントが合いませんでしたが、ミニバラの蕾がどんどん育っていて、これも楽しみ。
DSC_298403.png


これはセルバチコ(ルッコラに似た風味のハーブ。食べられます)で
こぼれ種から育ったのが冬越ししたので、プランターから鉢に植え替えました。
DSC_297901.png
植え替え直後から猛烈にアブラムシが増えて困っていたのですが、
いつの間にかヒラタアブの幼虫が孵化して、むしゃむしゃ食べてくれました。
※見た目は大変グロいですが人間に害はありません。成虫は花の蜜や花粉を食べます。刺しません。益虫です。
  アブラムシに困っていたら大事にしましょう。

アブラムシの増殖スピードも相当なものですが、たった1匹のヒラタアブの幼虫が食べるスピードも驚異的。
絶滅せず、不快なほど増えもせず、人間と虫の共存共栄です。ありがたや~~。
なお、ヒラタアブは15日間前後で成虫になるそうで、もうすぐいなくなるはず。
次はぜひテントウムシに来て欲しいところです。

そして、テントウムシが卵を産んで、その子たちが旅だつ頃には、もうアブラムシの生育期間は終わり。
真夏の暑さに負けてしまうのです。
でも次の生育期間には、また復活します。

ほんとに、自然ってうまくできてます。
すごい。
もちろん、一般の農家で適量の農薬を使うことは避けられないと思います。
でも、自宅でちょっとした植物を育てて楽しむなら、こうやって虫の営みを観察するのも面白いものです。
無事にヒラタアブが羽化して、セルバチコの黄色い花が咲くころ花粉を食べに来てくれて、
そしてまた卵を産んでくれたらいいな。

刺したり、植物を囓ったりする虫は強制退去して頂きますけどね!!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する