トイレに入ろう

退院の翌朝、今日は絶対にトイレで排泄ができるように頑張るぞ!
と、朝食後気合いを入れて主人を誘います。
「いいよ」
「まだ、いいよ」
「うるさいよ」
「何度も、いいったら」

この温度差…。
でもこっちも意地です。

「じゃあ、リハビリだと思って、トイレへ入る練習だけしよう。
 退院してもリハビリ続けるって、先生達と約束したじゃない」

ようやく、渋々、トイレの前まで一緒に行くことができました。
20100417_005.jpg
昨日のお風呂と同じ作戦で、トイレの入り口に椅子を置きます。
「さあ、あそこまで歩くよ」
目印が分かると、歩行もスムーズです。

座った主人とお風呂同様に、入り方を確認します。
まず入り口横の縦手すりをつかみ、立ちあがります。
そこから、トイレ内部の横手すりをつかみ、一歩右足から上がり、次に左足を上げます。
その後は横へ一歩歩けば、もう便座の前です。

こうやって書いてみると信じられないぐらい簡単な事ですよね…。
でも、スムーズに動かない体にとっては、これが本当に難しい。
主人も頭では簡単な事だって分かっているんです。
だから口では
「うん、そうだな。それでいけるな」
って言うんですけど、
緊張で手を固く握りしめているのが分かります。

「じゃあ、やってみよう。私が支えているから、倒れないわよ」
「うん」

20100417_006.jpg
杖から縦手すりへ、右手を動かします。
わざと茶色の目立つ色にして、視認性を高めているんですって。
さらに手すりの裏はデコボコがあって、つかみやすくなっています。

やっぱり手すりがあると、安定して立てますね。
ちょっと戸惑いましたが、段取りどおり横てすりをつかむ事ができました。

20100417_007.jpg
横手すりは壁いっぱいに長くしてもらいました。
実際は奥の方は使わないんですけどね。

20100417_008.jpg
手すりとトイレの位置関係はこんな感じ。

この横手すりは、座位からの立ち座りにとても効果的です。

便座に座ってくれなかったものの、練習自体は上手くいきました。
「この、これはいいな」
主人は縦手すりが気に入ったようです。

さあ、後は実践あるのみですが、これがなかなか…。
もうオムツに出ちゃったかなぁ…。

一時間後、
「あ、いこうか」
待望の言葉が聞けました。

尿意を感じているので、椅子なんて必要ありません。
入るときは縦手すりも使わず、さっと杖で上がりました。
後は横手すりを使ってすぐ便座へ。
座ったぁ!!

しかも失禁していませんでした。
「ほら、いいだろ」
「うん、そうだね」

ついに退院後、初めてのトイレが無事終了。
やった!やった!!


注意障害、失行障害は、無意識に体が動く時は本当にさっとできるんです。
昨日靴を履いた動作もそうですが、普通の人と変わらないぐらい。
ただ、一度戸惑って頭で考えてしまうと、目の前のコップを持つことも難しくなってしまう。
そういう障害です。

だから本人が自然に動けるような動線を工夫してあげて、何度か練習をして慣れてくれば
自分で上手にできるようになると思います。
本人も嬉しい、介助者も楽ですね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2010/04/19 (Mon) 12:19
    心咲 #- - URL

    頼るということに慣れてしまうと。考えものです。
    人間は、本来怠け者だそうです。医者が言ってました。
    支えと甘やかすの違いだろうと思います。
    手摺も有るから頼る。椅子も有るから座る。
    もし奥様が居なかったら行動も思考も違ってくると思います。
    現に私は、左方麻痺障害で電動車に乗って買い物に家事にと
    独りでやってます。人の目を気にしても誰も助けてくれません!
    オムツを汚す事よりも後始末を自分でさせることです。
    恥かいて プライド捨てて 人になれ!甘い夫婦です。
    躓いて 汗水流し 活きぬいて・・・独りで動く事です。

  • 2010/04/20 (Tue) 00:32
    mikomona #- - URL
    Re: タイトルなし

    心咲さん、こんばんは。

    確かに、甘やかしていると言われても仕方ないかもしれませんね。

    でも私には、先日の転倒事故のショックがまだ抜けていません。
    意識を失うほどのけいれん発作のものすごさを目の当たりにして、あれを繰り返す危険を冒すことはどうしてもできません。

    でも心咲さんのお気持ち、とてもありがたく読ませていただいてます。
    本当に心配して下さっているんですね。
    ありがとうございます。

    今後は少しずつ、一人で安全に移動できるように練習できれば良いなと思っています。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する